スケジュール手帳の選び方を徹底解説!自分にあったサイズとフォーマットで2023年の予定を楽しもう

2023年スケジュール帳
スポンサーリンク

スマートフォンが普及した現代ですが、予定は手書きのスケジュール帳の方が使いやすいと思っている方が意外と多いようです。
デジタルは確かに便利だしアラーム機能などがあるので確実ではありますが、やっぱり視覚的に見やすかったり、自分好みに編集するとなると手書きが良いですよね。

しかし、スケジュール帳って種類がいろいろありすぎて、自分が何を買ったらいいか迷う事ありませんか?
サイズはもちろん、中身の使い勝手は人それぞれ、ライフスタイルや仕事内容によって千差万別です。

この記事では、スケジュール帳の種類について細かくご説明いたします。
ご自身の使いやすいフォーマットを見つけて、2023年の予定を楽しく書き込みましょう。

文房具・手帳で人気の高いMARK'S(マークス)のおすすめ商品と合わせてご紹介していきます。

MARK'S(マークス)
MARK'S(マークス)
スポンサーリンク

手帳のサイズ

通信販売で手帳を購入した際、「思っていたより大きいな」と感じたことはありませんか?

スケジュール帳のサイズでよく記載されている、「B6」や「A5」といった規格サイズは、中身の用紙サイズを指す物が多く、カバーがついている手帳は規格サイズよりも一回り大きく作ってある物が多いです。
特に6穴システム手帳などはペンホルダーやカードホルダーなども付いている場合が多く、厚みもあるので大きく感じてしまうかもしれません。

企画サイズは数字が小さくなるほどサイズが大きくなります。

小さい手のひらサイズB7

B7サイズはポケットに入るサイズなので、いつも手元にスタンバイさせておきたい方におすすめです。

ミニ6穴システム手帳のリフィルもこのサイズになるので、カバー付きの物はカバーのサイズにもご注意ください。

B7サイズのおすすめスケジュール手帳
2023年1月始まり。手のひらサイズがうれしい1日1ページ手帳。金・銀の小口仕上げ

ポケットサイズで持ちやすい文庫本サイズA6

A6サイズは文庫本と同じサイズです。

スーツなどの上着の少し大きめのポケットに入るサイズで、コンパクトに手帳を持ち運びたい方に人気のあるサイズです。

A6サイズのおすすめスケジュール手帳
2022年9月始まり。環境に配慮した新しいダイアリーコレクション。リサイクルされたPVC(28%DEHP)カバーとFSC®認証紙を使用。※この手帳は海外向け製品のため、日本の祝日が記載されていません。

書き込みスペースに余裕があり持ち運びやすい単行本サイズB6

B6サイズは単行本でよく使用されているサイズです。

A6サイズより少し広く書き込みスペースがとれるので、大きな字で書きたい方やたくさん書き込みたい方に人気があります。
小さいバッグにも入るサイズで、ページ数の少ない薄型の物が特に人気があります。

B6サイズのおすすめスケジュール手帳

大きく広く書けるノートサイズA5

たくさん書き込みたい方や、1ヶ月の予定を一気に見たい方はノートサイズのA5がおすすめ。

手帳としては大きめですが、バッグに入れて持ち運ぶのにはちょうど良いサイズです。
ページ数が少なく薄型のものもあれば、機能性を重視したタイプまでライフスタイルに合わせて様々なタイプがあります。

A5サイズのおすすめスケジュール手帳

カレンダーとしても使える大判サイズB5

大判B5サイズはカレンダーとの2WAY仕様になっている物も多く、シンプルにページ数の少ない物が人気があります。

家族やグループなどで共有して使うのにも適しています。
A4コピー用紙よりも一回り小さいサイズなので、大きすぎて持ち運べないといったことはないのですが、デスクなどに据え置きでの使用が多いタイプです。

B5サイズのおすすめスケジュール手帳
2023年1月始まり。高級画用紙を使った書き味の良さが魅力的なノートブックカレンダー。たっぷり書き込めるメモページ付きで使いやすいアイテム。

スケジュール帳の種類・フォーマット

お仕事や予定管理の都合に合わせて、スケジュール帳のフォーマットを選ぶと使いやすくなります。

月間ブロック

月間ブロック

1ヶ月の予定をひと目で確認したい方におすすめ。
予定を連日にまたがって書き込みたい時などには便利ですよね。

月間ブロックタイプのおすすめスケジュール手帳

週間レフト

週間レフト

1週間の予定を左側で管理して、右側はフリースペースとして使えるタイプ。

予定と詳細情報を一気に見れるのでビジネスでもプライベートでも人気のあるタイプです。

週間レフトタイプのおすすめスケジュール手帳
2022年12月始まり。ロゴをシンプルにデザインしたマグネット式ハードカバー手帳

週間ホリゾンタル

週間ホリゾンタル

1日の書き込みスペースが広く、1週間が見開きになっているタイプ。

ミニダイアリーを書きたい方に人気のタイプ。
アイデア次第でクリエイティブなページになるので予定管理意外にもいろいろな使い方ができます。

週間ホリゾンタルタイプのおすすめスケジュール手帳
2022年8月始まり。L.A.発のライフスタイルブランド「ban.do(バン・ドー)」のダイアリーから、ページをめくるたびにハッピーになれる、ポップでキュートな新デザインが登場。

週間バーチカル

週間バーチカル

横軸は日にち、縦軸は時間になっているタイプ。

細かい時間管理が必要な方におすすめ。
見開き1週間になっているので、ひと目で予定や空き時間が把握できます。

ビジネスにはもちろん、学校や習い事のスケジュールを管理するパパママたちにも人気のタイプです。

週間バーチカルタイプのおすすめスケジュール手帳
2022年12月始まり。おしゃれなリザード調型押しをほどこした上質感漂うPU素材のカバー。年号が箔押しされ持つ角度によってさりげなく光ります。

3分割週間バーチカル・家族タイプ

3分割週間バーチカル・家族タイプ

家族タイプとも言われる3分割バーチカルは、複数の予定管理をする方におすすめ。

3人分のスケジュールを管理したり、仕事・プライベート・家族といった分け方をしたり、項目の分け方でいろいろな使い方ができます。

3分割週間バーチカルタイプのおすすめスケジュール手帳

1日1ページ

1日1ページ

名前の通り、1日が1ページ振り分けられているタイプ。
細かな予定管理から日記・ライフログなどマルチに使えるタイプです。

MARK'S(マークス)の手帳ブランドEDiT(エディット)で一番人気がこのタイプです。

MARK'S(マークス)

使い方次第で、バーチカルのような時間管理もできたり、ToDoリストも書き込めたり。
イラストと合わせれば素敵なライフログとして1冊が完成します。

1日1ページ使い方例
1日1ページタイプの人気スケジュール手帳
2023年1月始まり。EDiT人気No.1!予定や日記、ライフログがたっぷり書ける
1日1ページタイプのおすすめスケジュール手帳
2022年12月始まり。パリの人気ファッションブランド「ポール & ジョー」から、愛らしい子猫のヌネットとドット柄が可愛らしい人気デザインのショコラカラーが仲間入り。

選ぶポイントは手帳を使うシーン

ここまでサイズとフォーマットの解説をしてきましたが、スケジュール帳にはこの他にもこだわり機能がいろいろとあります。
月曜始まり・日曜始まり、六曜・月齢・旧暦付き、ペンホルダー・カードホルダー付きなど、上げればキリがない程の機能があります。
カバーも紙製本・ビニール・レザーなど様々です。

これだけいろんな種類があるのは、使い方によって利便性が人それぞれになるから。
スケジュール手帳を購入する際には、自分がどんな場所で何を書き込むのか想像しながら選んでいきましょう。

この記事を書いた人
PEPIES

広島県北部の庄原市にある雑貨屋ペピーズです。
ベビー・キッズアパレルを中心にキャラクター雑貨やインテリア雑貨を販売しています。
こちらではGUND(ガンド)や、Mary Meyer(メリーマイヤー)など出産祝いに人気のある海外輸入雑貨などを正規取扱店と合わせて紹介しています。

PEPIESをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめアイテムお役立ち情報
PEPIESをフォローする
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
PEPIES – 雑貨屋ペピーズ
タイトルとURLをコピーしました