Boo Dog

ポメラニアンBOOの魅力は柴犬カットだけじゃない!

Boo the World's Cutest Dog

2010年、World's Cutest Dog (世界で一番かわいい犬)として人気を博したポメラニアンの男の子、Boo(ブウ)。

日本では柴犬カットとも言われるテディベアのような短いカットスタイルで、写真集やぬいぐるみまで発売され、世界中で愛されたポメラニアンです。

Booは2006年3月16日生まれ。
サンフランシスコを拠点とするFacebookのスタッフさんと一緒に暮らしていました。

My name is Boo. I am a dog. Life is good.

「僕の名前はブウ。僕は犬です。人生って良いもんだ。」という投稿から始まったBooのFacebookページ。

この投稿を歌手のKesha Rose Sebert (ケシャ・ローズ・セバート)氏が、「新しいボーイフレンドがいるの」とシェアしたことがきっかけで、Booの人気は瞬く間に広まりました。

Booの写真集絵本が発売に

2010年当時のFacebookページのファン登録数は500万人。
そこでChronicle Books社からの提案で写真集を出版します。

Chronicle Books LLC 電子書籍版

この本のプロモーション動画はとってもユニークでかわいらしく、実際にBooの本のスタイルとマッチしています。

Booの写真がたくさん詰まった絵本は、10か国語で出版されました。
さらにはカレンダーや、Booのイラストを使った子供向けの絵本なども出版されていきます。

テディベアブランドGUNDからぬいぐるみが発売

その愛くるしいテディベアのような見た目をそのままに、アメリカを代表するぬいぐるみメーカー、GUND社からぬいぐるみが発売されました。

Boo ぬいぐるみ
Boo ぬいぐるみグッズ 一覧

GUND(ガンド)は「アメリカの家庭には必ずGUNDのぬいぐるみがひとつはある」と言われるほど、有名なテディベアブランドです。

Booの相棒Buddy

Booにはいつも一緒に遊ぶ相棒、兄のBuddy(バディ)がいました。

仲良し2匹はいつも一緒。
Buddyも一緒にぬいぐるみになり、一緒に写真にうつると本物を探さなくてはならないほどです。

この2匹の日常を綴ったFacebookページは大人気となり、あっという間にファン登録者数が1500万人を超えていました。

そんな中、2019年1月に悲しいお知らせが投稿されます。

Booの飼い主の投稿には、Buddyが旅立ってしまった後、Booに心臓病の症状が出始めたこと。
その後1年ほど頑張って一緒にいてくれたが、彼は2019年1月18日の朝に眠りに落ちたことが書かれていました。

Booの飼い主は投稿にこう綴っていました。

Boo brought joy to people all over the world. Boo is the happiest dog I’ve ever met. He was so easy going that we never had to bother with training. He made the manliest of men squeal with delight over his cuteness and made everyone laugh with his quirky, tail wagging personality.

https://people.com/pets/boo-the-pomeranian-dies/

今も彼は世界中のファンに愛されています。